HOME > ABOUT

ABOUT US

418338_138435892946268_254965803_n.jpg 私はアレサンドロ・デ・トマゾに率いられていた時代のマセラティをこよなく愛しています。
 ただ、この時代のマセラティ達の「品質管理」は当時としても哀しいほどのレベルでしかなく、結果、様々な都市伝説を生みだすこととなりました。

 しかし、間違ってはいけないのがそのほとんどが車としての基本設計の優秀さは決して他のメーカーの車には引けを取らないということです。

 ということは、キチンとメンテナンスをし、正しく扱った車は都市伝説のような壊れ方はせず、しかも車の優秀さを存分に楽しむことが出来るということです。

当社は、こうした車両を後世に少しでも残すことが出来ればと立ち上げました。

 現代の最新テクノロジーの車が、その快適性を得ることによって失ってしまったものが何であったのか?
 この時代のマセラティにはその答えがあるように思います。
 ビトルボ・マセラティはおそらく、CADではなく、人に手によって作られた最後の世代の車でしょう。
 世間でいういわゆる「旧車」よりはウンと現代の車ですが、人の心・気持ちとシンクロする最も新しい車という言い方もできます。

 また他にはアルファロメオも105系、115系についても深い想いがあります。
 何を隠そう、私、小林は現在もAlfaRomeo Giuliaに乗っております。

 このジュリアが縁でアウトデルタのメカニックや、様々なカークラブ(と言っても彼の地ではレーシングクラブと言った方が正しいですね。ブレシアコルセなどはその代表格です)のメカニックから多くの技術を教えてもらうことができました。

 彼らから教わった目から鱗のようなセッティングの技術を当社の車に施してお客様に楽しんでいただければそれはそれは楽しいものになるでしょう。

 オリジナル重視で、コンクールに出すことに主眼に置くようなことはできませんが、日常生活のパートナーにこうした車たちがいればそれだけで人生は何倍にも楽しく、またスリリングであることを信じて疑いません。


423255_135311216592069_1290788552_n.jpg最高速度は大したことありませんし、むしろ遅いでしょう。

 しかし、いつもの交差点がドラマティックになることは請け合いです。

 信号が赤から青に変わって、クラッチを踏む→ギアを一旦2速に入れてから1速に入れる→アクセルをあおって発進する

 たったこれだけのことでこれほど胸躍る車があるでしょうか?

 こんな胸躍る車、楽しい車を『きちんと仕上げて』お届けすることが私の使命であると考えております。

ABITTERIAとはイタリア語で「スーツ屋さん」の意味です。
 自分のために仕立てたオーダースーツのように車を着こなしていただければとの想いを込めています。

 なお、ABITTERIAではイタリアンスーツサロンも併設しております。
 イタリア製の極上の生地によるオーダースーツも賜っております。
 車に合わせた一着を仕立てることができるショップです。

株式会社ITALVITA ABITTERIA
代表取締役 小林 正佳  

オーダースーツはこちら

CAMPANY PROFILE

会社概要
会社名 株式会社ITALVITA
本  社 〒486-0833 愛知県春日井市上条町8-79
設立 2004年4月
資本金 300万円
代表取締役 小林 正佳
事業内容 自動車販売、修理